#navi(../)

* UNIX時間(time_t)を文字列の日時に変換する・time, localtime [#c9891a84]
time関数、localtimeを使用して、UNIX時間(time_t)の値からYYYYMMDD HH:MI:SSの書式に変換し表示するC言語サンプルコードを以下に記します。~
また、取得したtime_tの値に1時間分の3600秒を加算し一時間後の時間も表示するC言語サンプルコードとなっています。


#contents
#htmlinsertpcsp(c-top.html,c-sp.html)

*関連記事 [#r043ce67]
-[[時間や日時を書式に従って整形する・strftime>日時/時間や日時を書式に従って整形する・strftime]]
-[[曜日を取得するCサンプルコード>日時/曜日を取得するCサンプルコード]]
-[[UNIX時間(time_t)を取得する・time>日時/UNIX時間(time_t)を取得する・time]]
-[[UNIX時間(time_t)を文字列の日時に変換する・time, localtime>日時/UNIX時間(time_t)を文字列の日時に変換する・time, localtime]]
-[[世界協定時(UTC)を取得する・gmtime>日時/世界協定時(UTC)を取得する・gmtime]]

* UNIX時間(time_t)を文字列の日時に変換する・localtime [#jb88dce0]

&ref(time_t2localtime.c); (改行コードLF)
 #include <stdio.h>
 #include <time.h>
 
 int main(void)
 {
     time_t now;
     time_t plus1hour;
     struct tm *ptm;
     char buf[128];
 
     now = time(NULL);
     ptm = localtime(&now);
     strftime(buf, sizeof(buf), "%Y/%m/%d %H:%M:%S", ptm);
     printf("Now      : %s\n", buf);
 
     plus1hour = now + 3600;
     ptm = localtime(&plus1hour);
     strftime(buf, sizeof(buf), "%Y/%m/%d %H:%M:%S", ptm);
     printf("Now + 1H : %s\n", buf);
 
     return 0;
 }

サンプルコードをコンパイルし実行した結果を以下に記します。
 $ gcc time_t2localtime.c -o time_t2localtime
 $ ./time_t2localtime 
 Now      : 2014/07/26 23:40:05
 Now + 1H : 2014/07/27 00:40:05
	
以上、time関数とlocaltimeを使用しYYYMMDD HI:MI:SSを表示するC言語サンプルコードでした。

#htmlinsertpcsp(c-btm.html,c-sp.html)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS