このエントリーをはてなブックマークに追加


1つ目の引数が2つ目の引数より小さいまたは等しいかどうかを比較する・islessequal

islessequal関数を使うと1つ目の引数と2つ目の引数の値の比較ができます。
islessequal関数は1つ目の引数が2つ目の引数より小さいまたは等しい値かどうかを確認する関数です。
以下にCサンプルコードを記します。


スポンサーリンク

関連記事

islessequal関数の書式など

以下にislessequal関数の書式などを記します。

  • 必要なインクルードファイル
    #include <math.h>
  • 書式
    int islessequal(x, y);
  • 戻り値
    x <= y の場合、0以外(真)が返却されます。これ以外の場合は0が返却されます。

islessequalのCサンプルコード

以下にislessequal関数を使用したCサンプルコードを記します。
またコンパイル実行した結果も記します。

fileislessequal.c (改行コードLF)

#include <stdio.h>
#include <math.h>

int main(void)
{
    printf("%d = islessequal(10, 10)\n", islessequal((double)10, (double)10));
    printf("%d = islessequal(20.0, 20.9)\n", islessequal(20.0, 20.9));
    printf("%d = islessequal(30.1, 30.0)\n", islessequal(30.1, 30.0));

    return 0;
}

コンパイルし実行した結果を以下に記します。

$ gcc islessequal.c -o islessequal
$ ./islessequal 
1 = islessequal(10, 10)
1 = islessequal(20.0, 20.9)
0 = islessequal(30.1, 30.0)

以上、islessequal関数を使用したCサンプルコードでした。


スポンサーリンク

添付ファイル: fileislessequal.c 112件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 21:01:00 (1369d)